So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

Professor Soaring Shad II [釣り]

180619.jpg

プロフェッサーのソアリンシャッドⅡです。

前回は1.8インチと2.3インチを紹介しましたが、
その後3.1インチを追加で購入しました。

3.1インチは当初購入予定ではなかったんですが、
ふと欲しくなってしまいました。

それで、Yahoo!ショッピングでちょっとしたクーポンがあったので、
3.1インチを2色購入しました。

カラーは、アーカンソーシャイナーRとクリアワカサギです。

さすがに1.3インチ、2.3インチと比べると重量感があります。

次回の釣行で全サイズ試せると良いんですが・・・
コメント(2) 

DAHON Mu uno 【パンク】 [自転車]

またウーノがパンクしました。

空気入れが大変なので乗る前日の夜に空気を充填、
翌日乗ろうとしたらリアタイヤの空気が完全に抜けていました。

前回リアタイヤがパンクしたのが2014年で、
その時はパッチ修理で対応してもらいました。

なので、今回はチューブ交換も必要かな・・・、と考えつつ
今日は久しぶりにウーノを購入したお店に行ってきました。

180617-1.jpg

V40 R-Designにウーノを積んだのは初めてです。

お店で店員さんと話した結果・・・

リアのチューブは交換、そしてタイヤもヒビが出ているので
前後交換してもらうことになりました。

今のチューブ、タイヤに交換してもらったのが2010年なので、
この際フロントのチューブも交換をお願いしました。

現状の仕様は、

 チューブ: Panaracer R'AIR TH20-125F-RA H/E 20x1.25
 タイヤ: Schwalbe DURANO

ですが、今回は・・・

180617-2.jpg

 チューブ: Schwalbe 6 SV
 タイヤ: Schwalbe DURANO

となりました。

今はパナレーサーは仕入れていないようで、
店頭在庫があるシュワルベのチューブにしました。

帰って調べたところ6A SVという軽量仕様もあるみたいですが、
もはやそこまでこだわりは無くなったので良しとすることに。

参考までに、シュワルベの6A SVでも65gらしいので
パナレーサーのRエアー(54g)に比べると重いです。

タイヤは銘柄は同じデュラノにしましたが、
帰ってふと思い出したことが・・・

今はケブラービードですが、店頭にあったのはどっちだっけ?、と。

お店でタイヤの値段は3672円と聞いたので、
それから調べるとワイヤービードでした。

ただ、調べてみると3672円のはWO規格(451)のようで、
HE規格(406)のは3564円となっています。

まぁ、物理的に付かないので気づくだろうし、
そもそもまだ支払いはしていないので問題ないです。

ちなみに、ケブラービードだと190g、
ワイヤービードだと230gとなっていました。

あと、タイヤ側面のロゴのホワイトレターが
薄いグレーになってロゴサイズも小さくなってました。

今日はウーノを預けてきたので、来週受け取りに行ってきます。

今回のチューブ、タイヤ交換で100gちょっと重くなりそうなので、
重さも量ってもらおうかと思っています。
コメント(0) 

Panaspnic Hair Dryer nanocare EH-NA29 [デジmono]

180616-1.jpg

パナソニックのヘアードライヤー、ナノケア EH-NA29です。

先日イオニティのドライヤーを購入しましたが、
今回はナノケアのドライヤーを購入しました。

180616-2.jpg

さすがにこのクラスだと造りも良く、
白でもパールホワイトっぽくて高級感があります。

グリップ部分も適度な太さで持ちやすく、
本体は非常にコンパクトです。

使った感じはプラズマクラスターに比べると、
EVISの髪質には合ってるような気がします。

なんとなく髪がフワフワする感じです。

イオニティのは帰省用も兼ねた予備とする予定です。



コメント(0) 

RYUGI DS DELTA [釣り]

180614.jpg

リューギのDSデルタです。

ダウンショット用のシンカーではこのDSデルタと、
ザップのダウンショットの2種類を使っています。

一番使う事が多い3/32oz前後は両方揃えているんですが、
軽いのはザップのダウンショットしか持ってませんでした。

その中の一つが3/64ozなんですが、
最近使う事が多くなったのでDSデルタも購入しました。

・・・というのが購入理由の半分で、
もう半分の理由はいつものキャスティングのクーポンです。

3000円分購入するための要員としても購入しました。

そろそろRタンクの収納方法も見直さないといけません・・・



コメント(0) 

ZOOM Tiny Fluke [釣り]

180612.jpg

ズームのタイニーフルークです。

石川さんのガイドで使われているワームの一つで、
EVISもようやく購入しました。

カラーはアーカンソーシャイナーとグリーンアルビノです。

パッケージが「ZOOM」と「ZBC」ですが、
ZBCはZOOM BAIT COMPANYの略なので同じです。

ズームはアメリカのメーカーで、20匹入りで700円前後と
日本メーカーのワームと比べてコストパフォーマンスが高いです。

ただ、その分歩留まりが悪く(個体差があって)、
その辺の善し悪しの基準があるそうです。

また、石川さんは選別で残った個体を改造して、
指定のフックを指定の刺し方で使われています。

それら個体の選別基準、改造方法、フック選定(刺し方含む)については、
プロフェッサーガイドサービスで聞いてください。
コメント(2) 

VOLVO V40 R-Design 【センサー】 [車]

V40 R-Designにはアダプティブクルーズコントロールや、
シティーセイフティーという衝突回避機能が付いています。

それらはセンサーによって感知しているわけですが、
センサーがどこにあるかというと・・・

180610-1.jpg

まず、フロントグリルにミリ波レーダーのセンサー。

そして・・・

180610-2.jpg

フロントウィンドウ中央上部に単眼カメラのセンサーがあります。

メーカーによってはカメラがステレオになっていて、
レーダーは使わない、などいろいろあるようです。

衝突回避の警告など過剰に効くシーンもありますが、
次に車を買うことがあれば同じ機能は欲しいと思ってます。
コメント(0) 

第一精工 糸くずワインダー [釣り]

180609-1.jpg

第一精工の糸くずワインダーです。

先日キャスティングで購入したんですが、
ちょうどプレミアムフライデーのクーポンが使える期間でした。

3240円分の買いmonoをすると300ポイントもらえたので、
その一員としてカゴに入れました。

ライントラブルなんかで長く切ったラインをまとめるのに良さそうで、
便利そうだったので購入しようと思っていたところでした。

どの動画か忘れてしまったんですが、
伊藤巧プロもコレを使ってたと思います。

コレも第一精工のミリタリーシリーズの仲間なんですが、
カラーはフォリッジグリーンです。

今までカラビナキッター、ノットアシスト2.0はブラックにしたのに、
何でコレはフォリッジグリーンにしたかというと・・・

単に間違えたからです。

確かダークアースとコレの2色が売っていて、
ちゃんと確認しないでカゴに入れてしまいました。

で、どうしたかというと・・・

180609-2.jpg

翌週、ブラックに交換してもらいました。

購入した店舗にはブラックがなさそうだったので、
オンラインショップの店舗受け取りで注文しました。

これがスマートショッピング体験キャンペーンに該当して、
さらに200ポイントもらうことができました。

せっかくカラー交換までして手に入れたmonoなので、
早速使ってみようかと思っています。


【第一精工】糸くずワインダー




コメント(0) 

Gary Yamamoto 2.9"LEG WORM [釣り]

180607.jpg

ゲーリーヤマモトの2.9インチレッグワームです。

カラーはワカサギです。

以前釣りの準備をしていたところ、
残りが少なくなっているのに気づきました。

そんな時、ちょうどYahoo!の期間限定ポイントが少しあったので
Yahoo!ショッピングで購入しました。

Yahoo!ショッピングではメール便に対応しているところがあるので、
そういうお店だと送料が安く済みます。

今度はコレでミドストをやってみようかと思ってます。


コメント(0) 

reins Reins Swamp [釣り]

180605-1.jpg

レインのレインズスワンプです。

石川さんガイド後に購入したmonoで、
サイズはミニ、カラーはリンタロウです。

そして・・・

180605-2.jpg

ジュニアのリンタロウも購入しました。

このリンタロウカラーはキャスティング別注カラーで、
他にクマタロウというカラーもあります。

先日の相模湖ではミニを使った弱パワーフィネスで、
24cmと44cmが釣れたんですが、注目すべきは・・・

180605-3.jpg

180605-4.jpg

下の40cmの方ではちょっとわかりづらいんですが、
上顎を貫くフッキングが決まります。

これだけしっかり掛かれば、まずバレません。

これはEVISのフッキングが上手いわけではなく、
石川さんのフックセッティングにあります。

フックはハヤブサのNSS#2を使ってるんですが、
どのようにセットしているかというと・・・

興味のある方はプロフェッサーガイドサービスで聞いてください。
コメント(2) 

2018/06/02(SAT) 相模湖釣行記 その2 [釣り]

観光船桟橋でIchiさんが44cmを釣った後は、
60cmはありそうなデカバスと対決。

しかし、他のバスを含めて相手にはされず
次のポイントに移ることになりました。

Ichiさんはねん坂の方に行くと言うことでしたが、
EVISはバッテリーが1個だったのでまた国道下方面へ。

まずは観光船桟橋に来る途中入れなかった貝沢へ入りました。

奥のパイプエリアのところに行ってミドストをキャストすると、
なんと一投目でヒット。

無事ネットインできたんですが・・・

180603-1.jpg

30cmくらいのニゴイでした(10:06)。

よく考えると、ニゴイを釣ったのは初めてでした。

ワームはまたHPシャッドテール2.5インチでしたが、
カラーはグリーンパンプキンペッパーです。

この時、Ichiさんは矢沢で見えバスと戦ってたそうです。

その後は途中のワンドに寄りつつ、最後は小寒沢。

奥の方でミドストをキャストすると・・・

180603-2.jpg

今度は27cmのバスでした(10:43)。

ワームはまたまたHPシャッドテール2.5インチで、
カラーはグリーンサンダー/グリーンフレークでした。

ミドストが上手くできてるのが、HPシャッドテール2.5インチの
グリーンサンダー/グリーンフレークの威力なのか不明です。

小寒沢の後はまたトイレ前に向かいました。

180603-3.jpg

ちょうどお昼頃の時間帯だったので、
休憩がてら桟橋に係留して昼食タイムにしました。

この時、Ichiさんから青田もダメで勝瀬橋に戻ると連絡がありました。

なので、昼食後、まずは勝瀬橋へ。

180603-4.jpg

少し進んでいくと・・・

180603-5.jpg

Ichiさんを発見。

180603-6.jpg

ヘビも発見。

ここではミドストのやり方や、ワームの動きについて議論してました。

180603-7.jpg

その後はまた別行動でEVISはまたトイレ前へ向かいました。

180603-8.jpg

40cmが釣れたのはココ。

180603-9.jpg

トイレ前もやり尽くした感があって、さすがに釣れず・・・

と、少し沖を見るとIchiさんを発見したので、
一緒に国道下沿いに向かうことにしました。

180603-10.jpg

小寒沢は入れず、奥の沢へ。

ここで二人で釣りをしてたんですが、
立ってそこそこのスピードでボートを進めてたところ・・・

ガツンッ!と急ブレーキ。

前のめりに転倒しましたが、左手が水中に浸かる程度で済みました。

水中の倒木に気づきませんでした・・・

これで集中力も切れて、EVISは釣り戻って終了とすることに。

Ichiさんは朝入れなかった貝沢へ向かいました。

桟橋へ戻る途中はピーナッツⅡプロカラー(川村光大郎カラー)で探りましたがダメ。

念のためトイレ前もやり直しましたがダメ。

で、14:00頃EVISは終了、片付けを始めました。

Ichiさんはサブサーフェイス、EVISはミドスト、弱パワーフィネスと
石川さんガイドで教わった釣りで成果が現れました。

ソアリンシャッドⅡは持って行ったんですが、
今回EVISは使いませんでした。

ミドスト、弱パワーフィネスの釣りをもっと練習すると共に、
今度はサブサーフェイスでも釣りたいです。


<昨日のタックル>
・ベイト
 ダイワ: ブラックレーベルプラス 661M/MLFB
 ダイワ: SS AIR 8.1L
 ダイワ: バス フロロ Type-フィネス(8lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 6101MFB
 ダイワ: SS SV 103HL
 ダイワ: バス-Xフロロ(10lb)

・スピニング
 ダイワ: ブラックレーベルプラス 6011UL/LXS-ST
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 バークレイ: バニッシュレボリューション(3lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 621ULXS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: バス-Xフロロ(4lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 621LXS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: バス-Xフロロ(4lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 651ML/MHFS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: PEパフォーマンス+Si 0.8号
コメント(4) 
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ