So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

2018/07/14(SAT) 相模湖釣行記 その3 [釣り]

今回は先日の釣りで使ったmonoのレビューです。

Culumbia Ventslip II
ようやく初投入したんですが、サイズ感イマイチでした。

というのは、足首、踵周りはジャストなんですが、
足回りが少し余裕がある感じです。

おそらく靴下を履くとちょうど良いと思うんですが、
先日は裸足だったせいもあると思います。

問題はないレベルですが、
歩いたりする時にちょっと気になります。

ただ、グレーということで猛暑日の日差しでも
暑く感じることはありませんでした。

RYUGI R-PLIER
弱点が発覚しました。

熱くて持てませんでした・・・

トイレ前でブッシュに引っ掛かったのでRプライヤーで取ろうとしましたが、
我慢して持てるレベルではない熱さでした。

おそらく、入れてるアイマのケースが黒いためかもしれませんが、
日の当たらないところに置かないとダメそうです。

日焼け防止のグローブをしてると良さそうですが、
EVISのは手の平がオープンタイプなので素手状態でした。



コメント(0) 

2018/07/14(SAT) 相模湖釣行記 その2 [釣り]

後半戦、勝瀬橋はスルーしてカナヤマへ。

岸沿いを流してみると、シェードになる部分にはバスがいたので、
サイトで狙ってみることにしました。

ちょっとわかりにくいですが・・・

180715-1.jpg

真ん中にグリーンのビニールシートがあって、
この下にバスがいました。

が、小バスやギルもいるので2インチヤマセンコーを入れると、
先にそいつらが口を使ってしまう状況で小ギルを一匹追加。

そして、近くのブッシュが絡むオーバーハング下でもバスを発見。

180715-2.jpg

180715-3.jpg

真ん中の黒いのがバスですが、時には4匹くらいいたりしました。

ただ、ここをどう攻めるか・・・

そこで、ふと思いついたスワンプミニ(リンタロウ)のノーシンカーを
振り子キャストで入れた結果・・・

180715-4.jpg

今回もキムケンメジャーが登場。

39cm、840gをキャッチできました(12:49)。

ちょうどKatsuが近くにいたんですが、
デジタルスケールを導入したようで借りて量ってみました。

で、詳細ですが、スワンプミニは前回弱パワーフィネスで使った残りで、
フックを刺していた部分をカットして2/3程度になったmono。

そして、フックはフォグショットTCの#8。

オープンエリアであれば4lbくらいで使うところですが、
このブッシュでは歯が立たないのでパワーフィネス。

なので、8lbのフロロリーダーにフォグショットTCの#8という組み合わせ。

それをフックポイントむき出しのワッキー掛けにしました。

その時は、4匹いてスワンプミニを入れるとみんな寄って来ました。

その中の1匹がパクッと食べてそのまま大人しくしているのでフッキング。

その後はこのブッシュから引きずり出すことはできても、
一時は水中の木に巻かれたりしてネットインまでは大変でした。

昨日は午前中の時点でほぼう諦めモードだったこともあって、
40cmはいってませんでしたが、この1匹はうれしかったです。

EVISはこれで終了モード。

その後はKatsuにも同じポイントをチャレンジしてもらったり、
Katsuも同じようなポイントを見つけてバスと対決。

こんな感じにオーバーハングに突っ込んで釣りをしていました。

180715-5.jpg

そして、14:00になったところで終了となりました。

桟橋に向かう時に気づいたんですが、
勝瀬橋上流に濁りの境界線がくっきりありました。

帰りは三連休初日の影響か、
中央道の上りは渋滞していませんでした。
(その分下りは大渋滞でした)

そして、帰って釣行記を書いていたところで、
石川さんからLINEでメッセージが来たんですが・・・

昨日のガイドもすごく釣れたみたいです(詳細はこちら)。

やっぱ凄いな・・・


<昨日のタックル>
・スピニング
 ダイワ: ブラックレーベルプラス 6011UL/LXS-ST
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 バークレイ: バニッシュレボリューション(3lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 621ULXS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: バス-Xフロロ(4lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 621LXS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: バス-Xフロロ(4lb)

 ダイワ: ブラックレーベルプラス 651ML/MHFS
 ダイワ: イグニス タイプR 2003H
 ダイワ: PEパフォーマンス+Si 0.8号
 ダイワ: バス フロロ Type-フィネス(8lb) ※リーダー
コメント(3) 

2018/07/14(SAT) 相模湖釣行記 その1 [釣り]

今日は相模湖に釣りに行ってきました。

メンバーはKatsuとEVISの二人です。

今日は今期最高気温が予想される猛暑日で、
天気予報でも涼しい室内で、と言ってましたが・・・

まぁ、計画は実行せねばならないので、
万全に準備して臨むことにしました。

朝は目標としていた4:20頃、柴田ボート駐車場に到着。

すでにKatsuは到着していました。

久しぶりに会うので、納入品を渡したり近況報告をしあって、
鍵が開けられたところで準備を開始。

180714-1.jpg

車の温度計では28℃となっていて、すでに蒸し暑い感じ。

いつもの通りボートのセッティングをしたんですが・・・

180714-2.jpg

脚立を忘れるという痛恨のミスが発覚。

EVISは前日の夜に車に荷物を積んでしまうんですが、
脚立のことは完全に忘れていました。

借りようと思いましたが、貸せるのが無いということで
今日は脚立無しでの釣りとなりました。

なので、クーラーボックス(レジャークール7)をイスにしました。

Katsuは忘れmonoは無かったようです。

180714-3.jpg

二人とも、5:00過ぎには出船。

Katsuは柴田ボート桟橋上流側のちょい沖にいたので、
EVISも行ってみたところ・・・

180714-4.jpg

ソアリンシャッドⅡを投げてました。

最近購入したという、セッティング済みのエントリーモデル(2.3インチ)。

すると、EVISが見ているところでバシャバシャと2回出ましたが、
残念ながらフッキングには至らず。

EVISもソアリンシャッドⅡに変えてキャストしたところ、
トータル4回くらい出ましたが、フッキングには至りませんでした。

少しして、朝一のソアリンタイムもすぐに落ち着いてしまって、
その後はKatsuとトイレ前へ。

二人で弱パワーフィネスやミドストを試すも、
水に濁りがあるのと+α、なんか水が悪い感じ?

その後、Katsuと国道沿いを釣り進みましたが、
小寒沢とかに入っても何か水がイマイチ。

こんなことならベイトとピーナッツⅡプロカラーを持ってくれば良かった・・・
と思いつつもどうしようもない状況でした。

今日はスピニングオンリーだったので。

6:30を目安にEVISは一度桟橋へ。

今日は石川さんのプロフェッサーガイドサービスが入っていたので、
挨拶しに行ってきました。

その後はまた国道方面に行ってKatsuと合流。

水の良さそうなところを探しに観光船桟橋まで行って、
ダメそうなら対岸に渡ってみる作戦にしました。

Katsuはベイトのスキッピングを身に付けたようで、
オーバーハング下にフリップドムやファットイカを入れてました。

EVISはバスを探しながら進んでましたが、
いつの間にか観光船桟橋。

国道沿いで見たバスは、大体係留ボートの下にいましたが
手が出ませんでした。

観光船桟橋はバスが全然見えなかったので、
そのまま青田まで行くことに。

180714-5.jpg

相変わらず小バスがいっぱいですが、
浮き魚礁の下には良いサイズのバスも見えました。

青田の後は、Katsuが行ったことが無いという赤沢、矢沢へ。

赤沢では2インチヤマセンコーで小バスは釣りましたが、
もはやノーカウントということで・・・

次の矢沢では奥で45クラスのバスを対決していると、
今回欠席のIchiさんからメールが。

Katsuに渡すmonoを持って今相模湖に向かっているというので、
Katsuと一旦桟橋まで戻ることにしました。

が・・・、もうちょっとでアイネ前というところで、
渋滞で車が動かないのでUターンして帰る、と。

せっかく桟橋に向かっているので、休憩することにしました。

もう11:00頃だったので、ここで昼食。

後半の作戦は「少し上流見たいよね」と意見が一致。

トイレ前を少しやってから、勝瀬橋方面に進みました。

つづく・・・
コメント(0) 

RYUGI FOG SHOT TC [釣り]

180712.jpg

リューギのフォグショットTCです。

リューギのmonoは比較的いろいろ持ってるんですが、
i意外にもフックを購入したのは初めてです。

サイズは#8です。

当初がまかつのワーム329にしようと思いましたが、
やっぱがまかつは高いですね・・・

今後は手持ちのワーム329が無くなったら、
フォグショットで揃えるようにしようと思ってます。

今度の釣行で使用感を試してみます。



コメント(2) 

Manfrotto 7321CY 【修理】 [デジmono]

先日、マンフロットの三脚(7321CY)を使って買ったmonoを撮影していたところ、
脚の開き度合いを切り替えるグレーの部品がゆるゆるになっていました。

グレーの部品は2段階で回転させるんですが、
固定できずにくるくる回ってしまう状況に。

推測では、黒いキャップを外すとネジが出てきて、
そこのネジが緩んでしまったんだろう・・・と。

とりあえず、くるくる回していたところ・・・

180710.jpg

外れました。

やっぱ黒いキャップとネジという構成でした。

黒いキャップは裏側に三つの爪があって固定されているので、
このようにグレーの部品を外さないと取れないようです。

ネジを締めて、無事復活しました。
コメント(0) 
前の5件 | -