So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

DAHON Mu uno 【スタンド交換】 [自転車]

先週タイヤ、チューブ交換をしたウーノを受け取ったんですが、
その際、「スタンドを交換させていただきました・・・」と。

ん?スタンド?と思ったんですが、話を聞いたところ・・・

もともとスタンドが長くてバランスが悪かったんですが、
どうもそれを直してくれようとした結果みたいでした。

EVIS的には直すならスタンドをカットだと思ってましたが、
外側に曲げることでバランスを良くしようとしてくれたようです。

その結果、スタンドを曲げようとしたら根本の樹脂が割れてしまった、と。

それで、変えてくれたスタンドというのが・・・

180701.jpg

ヌーボのアジャスタブルセンタースタンドです。

コレは最初にスタンドを交換する時に、
デザイン的な面で選択肢から外したタイプです。

ただ、アジャスタブルということで長さが変えられるので、
バランスが悪くてウーノが倒れてしまうことはなさそうです。

なので、デザイン的にはマイナスですが、機能的にはプラスで
トータルプラスマイナスゼロという感じです。

けど、やっぱデザイン的な面を重視したいので、
良いスタンドが見つかったら交換しようかと思います。

チューブ、タイヤ、スタンドを交換した結果、
車体重量は9.6kgくらいと500gちょっと増えてました。
コメント(0) 

DAHON Mu uno 【タイヤ&チューブ交換】 [自転車]

今日は先週預けたウーノの受け取りに行ってきました。

朝はまだ雨が降っていたんですが、
家を出る時は傘が要らないくらいでした。

お店に着く頃にはワイパーが必要なくらい降ってきたんですが、
V40 R-Designに積んで帰るだけなのでそのままお店へ。

今日は変な天気で、ウーノを受け取って家に着く頃には
晴れ間が広がっていました。

なので、駐車場から少しウーノに乗って帰ったんですが、
乗った瞬間に剛性が高くなってるのがわかりました。

タイヤ、チューブ交換と共にネジ類のマシ締め等、
メンテナンスもしてくれたようでした。

ちなみに、タイヤのロゴは・・・

180624.jpg

こんな感じです。

旧ロゴのホワイトレターの方が良かったかな・・・



コメント(0) 

DAHON Mu uno 【パンク】 [自転車]

またウーノがパンクしました。

空気入れが大変なので乗る前日の夜に空気を充填、
翌日乗ろうとしたらリアタイヤの空気が完全に抜けていました。

前回リアタイヤがパンクしたのが2014年で、
その時はパッチ修理で対応してもらいました。

なので、今回はチューブ交換も必要かな・・・、と考えつつ
今日は久しぶりにウーノを購入したお店に行ってきました。

180617-1.jpg

V40 R-Designにウーノを積んだのは初めてです。

お店で店員さんと話した結果・・・

リアのチューブは交換、そしてタイヤもヒビが出ているので
前後交換してもらうことになりました。

今のチューブ、タイヤに交換してもらったのが2010年なので、
この際フロントのチューブも交換をお願いしました。

現状の仕様は、

 チューブ: Panaracer R'AIR TH20-125F-RA H/E 20x1.25
 タイヤ: Schwalbe DURANO

ですが、今回は・・・

180617-2.jpg

 チューブ: Schwalbe 6 SV
 タイヤ: Schwalbe DURANO

となりました。

今はパナレーサーは仕入れていないようで、
店頭在庫があるシュワルベのチューブにしました。

帰って調べたところ6A SVという軽量仕様もあるみたいですが、
もはやそこまでこだわりは無くなったので良しとすることに。

参考までに、シュワルベの6A SVでも65gらしいので
パナレーサーのRエアー(54g)に比べると重いです。

タイヤは銘柄は同じデュラノにしましたが、
帰ってふと思い出したことが・・・

今はケブラービードですが、店頭にあったのはどっちだっけ?、と。

お店でタイヤの値段は3672円と聞いたので、
それから調べるとワイヤービードでした。

ただ、調べてみると3672円のはWO規格(451)のようで、
HE規格(406)のは3564円となっています。

まぁ、物理的に付かないので気づくだろうし、
そもそもまだ支払いはしていないので問題ないです。

ちなみに、ケブラービードだと190g、
ワイヤービードだと230gとなっていました。

あと、タイヤ側面のロゴのホワイトレターが
薄いグレーになってロゴサイズも小さくなってました。

今日はウーノを預けてきたので、来週受け取りに行ってきます。

今回のチューブ、タイヤ交換で100gちょっと重くなりそうなので、
重さも量ってもらおうかと思っています。
コメント(0) 

DAHON Mu uno 【パンク修理】 [自転車]

今日は朝一でウーノの修理に行こうと思っていました。

しかし、朝試しにもう一度空気を入れてみたところ問題なさそう。

100PSI位入れて音を確認したり、指で押しても問題無く、
この調子ならもう少し様子を見てみようと決めました。

そして買いmonoに出掛けてお昼過ぎに帰ってきて、
真っ先にウーノのリアタイヤをチェックしてみました。

完全に空気が無くなっていました・・・

仕方ないので、やはり修理をしてもらうことにして、
ウーノをTTクーペに積んで出発。

140824.jpg

お店でも試しに空気を入れてみてもらったんですが、
やはり問題なさそう。

通常ならこれで様子を見てもらうということでしたが、
すでに朝チェック済みだったのでチューブを見てもらうことに。

その結果、小さな穴が空いていました。

もともと軽量重視のチューブだったため、やはり耐久性は低いと言うことで
チューブ交換という選択肢もありましたが、今回はパッチ修理にしておきました。

修理代540円(税込み)、+駐車場代200円でした。

現状問題無いのでしばらくはこれで行けそうですが、
次はチューブ交換してもらう予定です。

DAHON Mu uno 【パンク】 [自転車]

ウーノ、パンクしました・・・

ウーノは月一回ペースで乗っているんですが、
先月乗った後にパンクしてしまいました。

ウーノのタイヤは、

 チューブ: Panaracer R'AIR TH20-125F-RA H/E 20x1.25
 タイヤ: Schwalbe DURANO

に交換しているんですが、もともと空気圧には注意が必要で、
乗る前日に100PSI入れるようにして乗っていました。

ちなみに使っている空気入れは、

 TOPEAK TURBO MORPH G

です。

で、当時乗って、帰りにちょっと空気が抜けた感じがして、
家に到着してチェックしたら後輪の空気が減ってました。

その時はまだ乗れる範囲だったんですが、
その翌日にはもう完全に空気が抜けてペコペコ状態でした。

来週末にはまた乗る予定なので、
今週末には修理してもらいに行ってくる予定です。

ACOR ヘックスレンチ 8mm [自転車]

140612.jpg

エイカーのヘックスレンチ 8mmです。

エアガンのカスタム、メンテナンスでは六角レンチを多用するため、
六角レンチはインチサイズを含めて大体揃っています。

が、ウーノのスタンドを交換しようと思ったところ、
8mmという大きいサイズの六角ネジで取り付けられていました。

仕方ないので8mmも揃えることにしたんですが、
今更セット品も不要なので8mm単品のを購入。

ダホンのセンタースタンドと一緒にAmazonに注文しました。

届いたのが写真のmonoなんですが、
Amazonの写真とは随分違うような・・・(下記参照)

まぁ、そこは大して気にならなかったんですが、
実際にスタンドを交換しようとしたところ若干問題が・・・

L字の短い方を使ったんですが、
ウーノのフレームに干渉してしまい、上手く回りませんでした。

結局、少し回しては一度外して、レンチが入る角度を探して、
また少し回して・・・を繰り返して、ようやく交換できました。

もう二度と使わなそうですが、安かったから良いか・・・


DAHON Mu Uno 【現重量】 [自転車]

ウーノのカスタム、第二弾が完了したわけですが、
車体の重量がどれくらいになったか、気になるところですが・・・

事前にお店のブログを見ていたところ、自転車の整備スタンドに
重量計の機能が付いていることを発見。

なので、お店でクランクやチェーンリング等を交換した時に、
お店で重量を量ってもらいました。

ちなみに、軽量化を目的としたカスタム第一弾後の重量はこちら

カスタム第一弾後は、家の体重計で相対値から算出、
その結果約9.4kgでした。

お店の段階ではスタンドは交換してませんでしたが、重量は・・・

9.2kgでした。

クランクやチェーンリングの交換は結構効くかな?と思ってましたが、
思ったほどではありませんでした・・・

アンダー9kgを目指したい、そんな理由もあって
この後スタンドを交換したわけです。

で、スタンドの重量は、

 ウーノ標準ダブルレッグ: 321g
 ダホン センタースタンド 20インチ: 161g

でした。

なので・・・

 9200ー321+161=9040

惜しい!あと40g・・・

まぁ、おまけで9kgとさせてください。

スタンドを外してしまえば9kgを切りますが、
それだと不便なので仕方ないです。

良い感じに仕上がりました、満足満足。

クリックで拡大
140419.jpg

DAHON Center Stand 20" [自転車]

今まで紹介したのが、ウーノのカスタム第二弾の内容ですが、
ここまでが前回紹介した90%の段階でした。

その記事がこちら

で、残りの10%がスタンドでした。

ウーノはダブルレッグのセンタースタンドが標準で付いているんですが、
見た目的なmonoと、重量的なことが気になっていました。

当初、ウーノを買ったお店で相談したんですが、
「ダホン純正のスタンドはあまり良くないですよ」、と。

理由は二つあって、壊れやすい事と、スタンドのシャフトが長いので
駐輪時に車体が倒れやすいと言うことでした。

それで、店員さんから勧められたmonoがあったんですが、
デザイン的にウーノに合わなそうなので、その場では見送りました。

ただ、ここまでやったんだし・・・ということと、
スタンドは自分でも交換できそうなのでAmazonに発注。

その結果・・・

センタースタンド 20インチ
140413.jpg

見た目、非常に良くなりました。

ただ、店員さんが言っていたことは本当で、
確かに車体が傾斜せず、倒れやすいです・・・

なので、上の写真のように後輪を少し高いところに置くなど、
ある程度倒れないようにする考慮が必要です・・・

あと、左ペダルの位置に寄りますが、
停める時にスタンドとペダルが干渉します。

・・・と、多少問題はありますが、
こっちのスタンドの方が似合っていると思います。

KCNC Chainring bolt [自転車]

しばらく間が開いてしまいましたが、
ウーノのカスタム第二弾の続きです。

KCNC チェーンリングボルト
140405-1.jpg

サイズはM8×6.5mm、カラーはブラックです。

素材はプラスチックっぽいですが、
7075アルミ合金だそうです。

コレは当初カスタム第二弾の中に入っていませんでしたが、
「こんなのありますよ」と店員さんに勧められて取り付けました。

スギノのクランク、RD2に付いているボルトはシルバーですが、
これで黒い部分がまた増えました。

が、ロゴが若干うるさい感じも・・・

結局、チェーン、チェーンリング、チェーンリングボルト、
クランクを交換した結果、

こんな感じ
140405-2.jpg

やっぱり、チェーンのコネクターが目立つかな・・・


スギノ RD2 [自転車]

ウーノのチェーンリングを交換したわけですが、
当然のようにクランクも交換しました。

スギノ RD2
140322.jpg

カラーは普通のブラックとマットブラックがありますが、
マットブラックをチョイスしました。

クランク長は170mmです。

メッセンジャーチェーンリングのブラックとの色合いが微妙で、
普通のブラックの方が良かったかも・・・

まぁ、ウーノ本体がマットブラックなので、
全体的に見るとそんなに気になりません。

ウーノ標準のクランク、チェーンリングセットに比べると
かなりスリムになった感じです。